浮気調査

ECIの浮気調査が選ばれる

明朗会計

調査料金は前払いで最初に取り決めた料金のみ。
調査が終わった後に請求額が増えることはありません。

信頼

全国300以上の弁護士事務所より調査依頼をいただいている探偵社です。
弁護士事務所からのご依頼で難事件の解決糸口を見出したなど、結果を出し続けています。

アフター
フォロー

浮気調査後の法律相談もスムーズ!
証拠の使い方、法律相談や裁判準備のアドバイス等、提携弁護士事務所をご紹介させていただきます。

相談・調査

これまでに当探偵社に寄せられたご相談や調査事例を紹介します。
男女間の疑いごとは、後に大きな後悔につながることもあります。相手の行動を少しでも知りたい、モヤモヤした気持ちを何とかしたいのは自然な願望です。

CASE.1 Aさん(30代女性 結婚3年目・主婦)

「夫の帰る時間が日に日に遅くなり、明け方こっそり帰ってくる日もあります。
私は子育ての忙しさにボロボロの状態。夫婦の会話は減っていく一方です。そして夫が家にいる時に頻繁にメールや電話がかかってくるのです。
携帯をこっそり見たり、外へ出て話に行ったりするので誰からかと聞くと、決まって仕事の話と言います。
日が経つにつれて夫は堂々と帰ってこない日が増え、聞いてもケンカになるしバレていないと思っているのか、平気で仕事を理由にします。
頭には離婚の文字がいつも浮かんでいる状態です。」とご相談があり、調査を開始。

特定の女性とほとんど毎日飲食を共にし、時には女性宅に滞在することもあり、夫の不貞が確認されました。
現在Aさんは証拠を基に離婚と慰謝料、親権を争う裁判の準備を進めています。

CASE.2 Bさん(40代男性 結婚8年目・自営業)

「2年ほど前から夜に自宅に電話しても留守が多く、妻の携帯につながらない事が増えました。
娘は小学3年生で、夜は自宅に居るはずなのに?と不審に思い、妻に尋ねてみても娘の母親友達と食事に行っていたと答えます。
また、娘から聞くと夜は1人で過ごすこともあるような様子も窺えました。
仕事で帰りが遅い自分よりも妻になついているので、明らかにおかしいと感じていました。そんな時に妻の携帯を見てみると、電話が繋がらなかった日にイニシャルで登録された通話履歴があり、
不信感が拭えなくなってしまいました」とご相談があり調査を開始。

出かける頻度の高い曜日を中心に夕方から自宅を張り込み、数日間尾行すると特定の男性と高頻度で会っていることが判明しました。
また、車で出かける際はホテルに滞在し、不貞行為も確認できました。
Bさんは離婚請求と親権を主張する裁判を起こし、現在係争中とのことです。

お見積り無料

お電話での無料相談
お問い合わせ【通話料無料】

0120-952-850

気になることを簡単調査 素行調査はECIへ
タイトルとURLをコピーしました